今話題の「チアシード」とは?

スーパーフードとして耳にすることも多い「チアシード」。

ダイエットに効果があるとして芸能人にも愛用者が多い食材ですが、実際に効果があるのか、そしてどのように食べるのかは知らないという方が多いのではないでしょうか?

今回は、チアシードがダイエットに効果的だとされる理由と、チアシードを使った簡単レシピをご紹介していきたいと思います。 

 

スポンサーリンク

栄養満点の「完全食」で、ダイエットにも効果的 

チアシードはシソ科の「チア」という植物の種です。

チアシードには、タンパク質、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、ビタミン、食物繊維などが豊富に含まれており、「人の生命維持にはチアシードと水があれば足りる」と言われているほどです。 

チアシードは水分を含むと10倍以上に膨らむという性質があり、水につけておくと周りの水分がゼリー状になり、プルプルとした触感を楽しむことが出来ます。

そのため、少量を食べるだけで満腹感が得られ、食事量を減らすことが出来るというメリットがあります。

また、食物繊維が多く含まれていることから便秘を解消する効果もあり、腸内環境も整えることが出来ます。 

 

チアシードを使ったおすすめレシピ3選 

チアシードは高い栄養価を誇るということが分かりましたが、どのように食べたらいいかイメージがわきにくい食事ですよね。

そこで、チアシードを美味しく摂取できる3つの簡単レシピをご紹介したいと思います。 

 

チアシードヨーグルト 

ヨーグルト100gを器に盛り、そこにチアシード大さじ1/2を入れてよく混ぜ合わせれば完成です。

チアシードのプルプルとした触感が楽しめるため、ダイエット中のデザートに最適です。

フルーツジャムをのせれば毎日飽きずに食べ続けることができます。 

 

チアシードプリン 

チアシード、豆乳、はちみつをボウルで混ぜ合わせ、数時間おいておきます。

ドロドロとした状態になったら器に盛りつけて完成です。

ヘルシーな材料で作るのでカロリー控えめのデザートです。 

 

チアシードとホウレンソウのバター炒め 

5cm幅に切ったホウレンソウとチアシードをバターでいため、レモン汁を適量加えれば完成です。

短時間で作ることができるので付け合わせに最適です。 

 

 

摂取しすぎには要注意 

チアシードは栄養価が高くて腹持ちがよく、便秘解消効果もあるためダイエットに効果的だということがお分かりいただけたと思います。

様々な栄養を摂取できるチアシードですが、その食べ方には注意が必要です。

チアシードの適量は1日あたり大さじ一杯ほど(10g)とされています。

チアシードを摂取しすぎると便秘を悪化させてしまうおそれがあるため、適量の摂取を心がけましょう。 

まとめ

毎日適量を摂取すれば、ダイエット効果はもちろん、カルシウム・ミネラルによる美肌効果や、αリノレン酸による冷え性解消効果など、体に嬉しい効果が期待できます。

チアシードを食べて、健康な体づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。 

テキストのコピーはできません。