肩こりで悩んでいる人は、食事改善も必要?

肩こりで悩んでいる人の理由の1つに、食事が関係しているという事は知っていましたか?

食事を改善する事により、少しでも肩こりが良くなるかもしれないです。

 

人は好きな物を食べている人が多いですが、健康に気を付けて食事をしている人もいます。

また健康の為に、食事を制限している人もいます。

どのような食事が、肩こりに効果があるのか気になるので見てみます。

 肩こり予防の食事

青魚を食べると良い

 青魚には、不飽和脂酸がたくさん含まれています。

その中のDHAEPAは、血流の改善の効果に期待出来る可能性があります。

サンマやカツオ等を摂取すると良いですが、サバ缶からもDHAEPAは摂取出来ます。

また青魚には、血液をサラサラにする成分が含まれています。

 

そして、筋肉の緊張を和らげて血行を良くする働きもあります。

血行が良くなると、肩こりにも良い可能性はあります。青魚を食べて、少しでも肩こりが和らぐと嬉しいです。

青魚が苦手な人もいると思いますが、最初は少し食べるようにして徐々に増やしていくと良いという事は考えられます。

タンパク質を摂取すると良い

 肩こりは、タンパク質を摂取することにより血流の改善に効果がある可能性はあります。

その為に筋肉量を増やす事も大切で、肩や首周りにはとても強い筋肉が必要です。

筋肉や骨・皮膚等の元にもなっていて、筋肉が衰えると頭や首を支える肩への負担が増えます。

その為、血流が悪くなり肩こりが起こる事があります。

 

タンパク質は筋肉の元となり、アミノ酸で構成されているので肉や魚等に主に多く含まれています。

他には、豆腐・卵等にも含まれています。お肉は、牛肉やラム肉・馬肉・猪肉等の赤肉がオススメです。

ビタミンEを摂取すると良い

 ビタミンEは、血流を良くしてくれる働きがあり・筋肉の緊張を和らげます。

また、血管を広げて血液の流れをスムーズにする役目もあります。

その為、肩こりには良いという可能性はあります。

 

ビタミンEは、油脂に溶けやすいので調理油や乳脂肪と一緒に摂取すると吸収率が高いです。

ただ油脂を摂り過ぎると、油脂の酸化を防止する為にビタミンEの必要量も増えます。

その為、ほどほどに摂取すると良いという事は考えられます。

ビタミンEは、アーモンド・アボカド・ゴマ・玄米・かぼちゃ・鰻・大豆製品等に多く含まれています。

クエン酸を摂取すると良い

 肩こりは、筋肉に疲労が溜まった状態です。

クエン酸を摂取する事で、疲労を回復すれば肩こりの改善に期待が出来る可能性はあります。

クエン酸は、乳酸を分解する栄養素として欠かせないものです。

乳酸が分解されない状態で、溜まる一方ではいつまでも疲れが取れないです。

 

乳酸が溜まっていると、肩の疲労が溜まり肩こりがなかなか改善しないです。

クエン酸を摂取する事で、乳酸を分解するサイクルが働くので肩こりの解消へと繋がるという事は考えられます。

クエン酸には、柑橘系の果物や梅干し・お酢・イチゴ・キウイ・パイナップル等がオススメです。

マグネシウムを摂取すると良い

 マグネシウムは、筋肉の緊張を緩和する効果があります。肩こりは、固まった肩の筋肉が緊張している血管が圧迫されている状態です。

マグネシウムは、体の中で代謝や酵素としての役割を持っている重要なミネラルです。

ミネラルが不足すると、多くの不快な症状を引き起こすという事は考えられます。

 

緊張をほぐす効果のあるマグネシウムも、摂取すると良い可能性はあります。

マグネシウムは、アサリやハマグリ等の貝類・味噌や納豆等の大豆製品・昆布やワカメ等の海藻類等があります。

まとめ

 肩こりで悩んでいる人は、体を動かすことばかり考える人が多いかもしれないです。

でも肩こりには、食事を見直す必要があるという可能性があります。

でも食事をしても、肩こりという事にあまり気にしていない人も多いです。

食べた方が良い物がたくさんあるので、食事を気にすると良いです。

 

仕事をしていると、なかなか3食規則正しく食べていない人もいるかもしれないです。

男性は結婚しているなら、奥さんが気にしてくれます。

未婚の人なら、彼女が気にしてくれます。女性なら、自分で気を付けて食事を作ると良いです。

肩こりが少しでも治るなら、食事を気にすると良いという事は考えられます。

テキストのコピーはできません。