化粧水を手でつけるメリットとデメリット


化粧水を手でつける派の人も多いと思います。

化粧水を手でつけるメリットはよく分かっていてもデメリットまで理解しているという人は少ないのではないでしょうか。

化粧水を手でつけることにはメリットもありますが、当然デメリットも存在します。

このデメリットをきちんと理解していれば、デメリットをカバーしたスキンケアを行うことができます。

 

そこで今回は、化粧水を手でつけることのメリットとデメリットについてご紹介していきます。

 

化粧水を手で入れることのメリットとは?

まずは、化粧水を手で入れることのメリットからご紹介していきましょう。

 

コスパが良い

 化粧水をコットンでつけるとなるとコットン代が必要となりますが、手なら化粧水以外の費用はかかりません。

化粧水をつける時に余計な費用をかけたくないという人にとってはコスパは最強です。

 

肌への負担を軽減することができる

 

質の悪いコットンを使用することで肌に摩擦や刺激を与えてしまいます。

肌にとって摩擦や刺激は肌ダメージとなるため、肌状態を悪化させたり肌トラブルの原因になってしまうことがあります。

その点、手でやさしく化粧水を与えることで肌ダメージを軽減することができます。

特に、炎症しているニキビがある、敏感肌で刺激に弱い、シミに悩んでいるという人にとっては肌ダメージを軽減し、肌トラブルの悪化を防げる手でのスキンケアは嬉しいメリットといえるでしょう。

 

自分の肌状態を確認することができる

 

化粧水を入れる時に毎回肌に手が触れるということは、自分の肌状態を毎回確認しているのと同じことです。

「今日はちょっと乾燥しているから多めに化粧水を入れよう」とか「なんだか肌がゴワゴワしているから角質ケアをしようかな」など自分の肌状態をよく知ることで、必要なスキンケアを必要な分だけ行うことができるようになります。

 

化粧水を手で入れることのデメリットとは?

次は、化粧水を手で入れることのデメリットについてご紹介していきます。

 

化粧水にムラができる

 手では細かい部分へ化粧水を浸透させることが難しいため、肌に与える水分量にムラができてしまいます。

小鼻の周り、目元、口元など細かい部分や凹凸のある部分へは丁寧に化粧水を入れ込むようにしましょう。

 

1度に与えられる化粧水の量が少ない

 手のひらでは多くの化粧水を持つことができないため、コットンに比べて1度に与えられる化粧水は少量になってしまいます。

そのため、数回に分けて重ね付けすることは必須です。

その分、スキンケアにかける時間もかかることになるため、スキンケアの時間を短くしたいという人にとっては不向きだといえます。

 

 まとめ

デメリットが分かっていれば、そのデメリットをカバーする方法を行えばいいだけです。

顔の細かな部分まで気を配りながら、丁寧に重ね付けして手のデメリットをカバーしていきましょう。


テキストのコピーはできません。