今すぐできる!効果的な小顔マッサージのやり方

皆さんは、普段から「小顔マッサージ」をしていますか?

 

セルフマッサージをしていても、すぐに効果を感じるのは難しいですよね。

かといって、エステで小顔マッサージを施術してもらうにはお金がかかりますし、高い頻度では行けませんよね。

そこで今回は、効果的な小顔マッサージのやり方と、その注意点についてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

効果的な小顔マッサージのやり方注意点

リンパ流しマッサージ

小顔マッサージの定番といえば、「リンパ流しマッサージ」です。

顔には細い筋肉や毛細血管、リンパが集中しており、水分や老廃物がたまりやすい場所です。

顔のリンパを流すことでむくみが解消され、骨格に沿ったきれいな顔のラインを手に入れることができます。

 

①あご下のくぼみを5秒間押して、顔全体の筋肉を緩めることがポイントです。筋肉をほぐすことで、血行の改善を促します。

②あご下から耳の下に向けて親指を滑らせ、フェイスラインをすっきりさせます。

③頬からこめかみを5回引き上げ、耳下から鎖骨へと流します。

④鎖骨のくぼみを5秒間押し、最後はわきに通った大きな血管を押し流します。

 

これで顔のリンパを流し、血流をよくすることができます。

 

ポイントは、血管がたくさん集まる部位を優しくマッサージすることです。

耳の下や鎖骨のくぼみ、わきの下には大きな血管が通っているため、マッサージすれば血流が大幅に改善されます。

やみくもに顔のいろんな場所をマッサージするのではなく、血管が集まる部分を集中的に刺激することで、小顔効果が期待できます。

 

表情筋をほぐして小顔に

次にご紹介するのは、表情筋をほぐすマッサージです。

 

①目の横を指で押さえ、左右上下に引っ張って眼輪筋をほぐします。

②頬骨の上に手を当てて引き上げ、頬筋をほぐします。

③口の中で舌をゆっくりと回し、口輪筋をほぐします。

 

これらのマッサージをすることで、表情筋がほぐれ、顔の血行が改善します。

 

その結果むくみが解消され、小顔につながるのです

筋肉がほぐれれば代謝も上がるので、肌のターンオーバーを促すという美肌効果もあるのが嬉しいポイントです。

表情筋をほぐせば顔のしわやほうれい線も目立たなくなるため、小顔にも肌にも効果的なマッサージといえます。

 

マッサージはクリームをつけて

 

誰でも手軽にできる小顔マッサージですが、やり方には注意が必要です。

何もつけずにマッサージをすると、顔と手の間で摩擦が生じ、しわの原因になってしまうのです。

そのため、マッサージをする際には必ずマッサージクリームを使用するようにしましょう。

クリームをつければ滑りがよくなるため、マッサージもしやすくなります。

また、リンパマッサージをする際、リンパの流れと逆方向に流すと老廃物がたまってしまうため、注意が必要です。

 

まとめ

以上の点に気をつければ、小顔マッサージで美しいフェイスラインを手に入れることも夢ではありません。

ここでご紹介したマッサージ法は今すぐ実践できる簡単なものなので、皆さんもぜひ試してみてください。

ローヤルゼリーもっちりジェル ホワイト

テキストのコピーはできません。