洗顔は泡が大事!濃密な泡を作る方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美肌をキープするのに大事なことは「保湿」と「洗顔」です。

どれだけスキンケアで肌をキレイにしようとしても洗顔方法が間違っていたらスキンケアの効果も激減してしまいます。

ホイップクリームのようなモコモコの泡で洗顔することで肌に負担をかけずに洗顔することができます。

しかし、しっかり泡立てるのが苦手という人は多いもの。  

今回は、モコモコの弾力のある泡を作る方法についてご紹介していきます。  

スポンサーリンク

洗顔は泡が命!泡立て不足が肌にダメージを与える

洗顔料は「泡」が肌の汚れを落とすように作られています。

手のひらでちょちょっとこすって泡のない洗顔料では肌の汚れを十分に落とすことができないばかりか、肌にダメージを与えたり、洗顔料が肌に残ってしまいがち。

理想的なのはホイップクリームのような弾力のある濃密な泡です。

時間がないからと泡立ての不十分な洗顔料で洗顔をすることは、逆に肌にとって良くないんだと覚えておきましょう。  

上手に泡を作る方法

ホイップクリームのような弾力の泡を作るのは、慣れていないうちは少し時間がかかるかもしれません。

しかし、慣れてくると簡単に作れるようになるので最初のうちは上手にできなくても諦めないでください。

何度も頑張ってコツをつかみましょう!  

1)手を洗う

手に汚れがついていると洗顔料の泡立ちが悪くなる原因になります。

また、泡がちゃんと作れたとしても顔の汚れよりも先に手の汚れに反応してしまうので洗顔が不十分になってしまいます。

洗顔料を泡立てる前には必ず手を洗っておくようにしましょう。  

2)洗顔料を適量出す

利き手とは反対の手のひらに洗顔料を1.5~3㎝(フォームタイプの場合)出します。  

3)水を加えながら泡立てる

洗顔料を出した手のひらをくの字にして受け皿を作ります。

もう片方の手で水を少しずつ加え、空気を含ませるように泡立てていきます。

一気に水を加えるのではなく、少量ずつ加えて水分量を調整しながら泡立てることと空気を含ませながら泡立てるのがポイントです。  

洗顔ネットは泡立ての超便利アイテム

どうしても上手に泡立てられない人や忙しくて泡立ての時間を短縮したいという人には「泡立てネット」が便利です。

ネットの網目が絶妙に空気を含んでくれるので簡単にモコモコな濃密泡が作れちゃいます。

まとめ

洗顔ネットは100均にも売っていますが、100均の泡立てネットはサイズが小さいものが多いので、できることなら100均以外のサイズの大きな洗顔ネットを使う方が便利です。

大きめの洗顔ネットはスキンケアを販売しているお店やドラッグストアなどで購入することができます。

値段も150円程度とそこまで高額ではなく、ネットも丈夫なものが多いので、ぜひそちらを購入することをおすすめします。

テキストのコピーはできません。