停滞期を乗り越えてダイエットを成功させるには

ダイエットを始めると最初はするする落ちていた体重も、急にパタリと落ちなくなることありませんか?

そう、ダイエットをしていると必ずやってくる「停滞期」です。

どんなに努力しても、結果が見えてこない日々が長くて数ヶ月続くなんて、やる気もモチベーションも下がってきちゃいますよね。

でも当たり前ですが、ダイエットは継続することが大事。

停滞期は誰にでもやってくるものですし、目に見える変化がなくても続けることで、数ヶ月後には体重も体型も変化してくれます。

この停滞期をいかに乗り越えるかで、ダイエットの成功はかかっています!

今回は、ダイエットをする上でうまく付き合っていきたい停滞期の乗り越え方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

停滞期とは

どんなダイエット法であれ、ある程度の期間ダイエットを続けていると、摂取カロリーは減ります。 

体には防衛反応が備わっているため、およそ1カ月間に体重の5%以上が減ると、人の体は「餓死状態かもしれない」と判断し守りに入ります。

これは体の状態を常に一定に保とうとするホメオスタシス機能です。 

摂取カロリーが減り続ければ、体は考えます。

どうすれば生命を維持できるか。 

少ないカロリーでも生きていけるよう、吸収率を上げてエネルギーの消費量も少なくしようと。

その結果基礎代謝も最低限に抑えられてしまい、体重の落ちにくい体になってしまいます。

これが停滞期です。

体重の5%の目安は、1カ月の間に体重が50Kgの人なら2.5Kg、60Kgの人なら3Kg減ったら、停滞期に入る可能性があると思っておくといいでしょう。

運動や食事を気にかけて頑張っているのに結果につながらないのは辛いですが、実は「停滞期はダイエットがうまくいっている証拠」とも言われているので、ポジティブに受け止めましょう!

停滞期の乗り越え方

 

 

停滞期に入ったら日々の食事内容を、これまで以上にチェックしましょう。

先ほどの停滞期のところでも説明しましたが、摂取エネルギーが減ったことに対して身体が危機感を抱いたために、身体が省エネモードに入り、痩せにくくなってしまっています。

そのため停滞期を乗り越えるにはバランスの良い食事を適量食べることが一番だといいます。

食事の量を一時的に増やすことで、身体に必要なエネルギーはきちんと入ってくるということを知らせることができます。

食事の量を増やすといっても、大盛りにするということではなく、ダイエット食から普通食に戻すくらいの量に留めましょう。

停滞期を突破するためにチートデイを作る

一日だけ好きなものを好きなだけ食べて「あれ、カロリー摂取できてるじゃん、大丈夫じゃん!」と思わせることが、チートデイの目的です。 

すると、体重減少にストップをかけていたホメオスタシス機能が弱まり、代謝がアップすることで再び体重が落ち始めます。 

敢えて食事制限をしない日を作ることで、精神的なストレスを解消することもできるのが嬉しいですね。

チートデイを設けるのは多くても週に1日まで!週に何日もチートデイを設けていては、カロリーオーバーで体重を増加させてしまう可能性があります。

筋トレで代謝をUP

基礎代謝とは、1日に何もしないで消費するカロリーのことです。

そのほとんどは筋肉の維持などが占めています。

筋肉量が少ない人よりも、筋肉量が多い人の方が痩せやすいと言われているのは、基礎代謝が高く、何もしないでも多くのカロリーを消費するからです。

基礎代謝は、筋肉量とほとんど比例していて年齢と共に少しずつ低下してしまいます。

そんな基礎代謝を高めるためには、筋トレでしっかりと筋肉を成長させるしかありません

特に女性は、男性よりも筋肉量が少ない傾向にあるため、筋トレを取り入れることをおすすめします。

基本的に女性は男性よりも筋肉がつきにくく、簡単にムキムキになることはありませんので、ダイエット停滞期を脱出する方法としてはもちろん、引き締まった体を作るためにも、必ず筋トレは取り入れておくべきメニューですよ。

まとめ

いかがでしたか?一向に体重が減少しなくなったからといって、ぎりぎりまで食事を少なくしたり、きつい運動をすると体に悪影響です。

体重が減らないとしても、「今は停滞期に入ったんだな」と思う程度にして、焦らずに地道にダイエットを続けていくことが大切です。

それまでと変わらずにダイエットを続け、運動と食事制限を中断しないように心がけて、理想の体を手に入れましょう!

テキストのコピーはできません。