スキンケアの基本!クレンジングの選び方

クレンジングと言っても、オイル、フォーム、ミルク、クリームなど沢山の種類のものがありますよね。

クレンジングはほぼ毎日使うものなので、自分の肌質に合った物を選ぶのはもちろんですが、使用感も重視することが大切です。

せっかくいい基礎化粧品を使ってもメイクをちゃんと落とせていないと、化粧水の成分が肌にしっかりはいりません。

メイクを落とすのはスキンケアの基本と言えます。

ここでは健康的な肌を保つために必要なメイク落しについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メイク落しが重要な理由

先ほども説明しましたがメイクが毛穴や皮膚などに残っている状態だと、どれだけいい基礎化粧品をたっぷり使っていてもしっかり肌に浸透しません。

とてももったいないことです。

毛穴の奥に詰まったメイクの汚れは、吹き出物やニキビなどの肌トラブルを発生させる原因にもなります。

クレンジングの種類

スキンケア用品は肌にいい物を使おうと気を配っていても、クレンジングは「メイクが落ちればいいや」とあまり成分など気にせず購入していませんか?

クレンジングには色々なタイプの物があるので、種類別の特徴を知りましょう!

ミルクタイプ

乳液のような使用感で、肌に優しく馴染みます。

洗浄力が低いので乾燥が気になる人、肌が弱い人などにもオススメの商品です。

オイルクレンジング

油分を多く含んでいるクレンジング剤です。

ウォータープルーフのコスメを使用したり、しっかりメイクをする人にオススメです。

ただ、オイルタイプは洗浄力がとても高いために肌への負担も大きいので、敏感肌・乾燥肌の人にはあまりおすすめ出来ません。

フォームタイプ

もっちりした泡で肌への負担が少ないです。

洗顔料が含まれているものが多くW洗顔の必要がないので時短したい人などにオススメの商品です。

クリーム

それなりに洗浄力がありますが、クリーム状なので摩擦がかかりすぎず洗えます。

水と油分が配合されており洗い上がりがしっとりしているので、敏感肌・乾燥肌の人にオススメです。

まとめ

いかがでしたか?ドラッグストアでよく見かける4つのタイプのクレンジングを紹介しましたが、メイクの落ち方に結構違いがありますよね。

自分の肌に合うものを使うのが大事と言ってきましたが、自分の肌がいつも同じ状態であることはありません。

生理前など肌が荒れたり、季節によっても乾燥したりオイリーになったりと状態が変わることもあるので数種類を使い分けることもオススメです。

 

 

テキストのコピーはできません。