自まつげケア!?まつげ美容液の成分紹介!

長くて濃いまつげ、憧れますよね〜。

付けまつげは若い人ならいいのですが、それなりの年齢になるとつけるのは…。

だからといってまつエクも、疲れて帰ってきてメイクを落とすときに気をつけないといけないのがネックですよね。

そのため「自まつげを長く濃くしたい!」という人も多いと思います。

最近はSNSや雑誌でも、「まつ育」「まつげ美容液」などよく見かけますよね。

ここでは、まつげ美容液の選び方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

長いまつげは好印象

まつげを長く濃くしたいという女性は多くいるようで、最近では色々なところでまつげ美容液が手に入るようになっていますよね。

でも、どうして長くしたいと思う人が多いのでしょうか?

まつげの長さは目元のイメージを決める大切な部分で、長い方が好印象にみられやすいという理由があるからだと思います。

長いまつげはアイメイクをしたときに目力がでて、目が大きく華やかな印象になるのが嬉しいですよね。

まつげ美容液の選び方

まつげを長く延ばしてくれる作用があるという美容液は、化粧品のランキングサイトでもトップ近くを占めています。

まつげ美容液のCMもここ数年、目にすることが増えましたよね。

それだけまつげへの関心が高いということになります。

そんなまつげ美容液ですが、どんな成分が配合されているまつげ美容液なら、まつげを長くすることができるものなのでしょう。

ダメージをうけたまつげには、どのようなまつげ美容液がいいのでしょう。

まつげは目のすぐに近くにありますので、目に入ってしまっても問題がない成分が入っているものを選びましょう。

まつげにハリ・コシを与える成分

今生えているまつげの成長をサポートし、強くしなやかなまつげを目指したいなら。

・海藻エキス・褐藻エキス

ミネラルやフコイダンが豊富な海藻エキスは、まつげ等の体毛を強くコシのある状態に導いてくれます。

・サリチル酸シランジオール

まつげを強くしなやかな状態に保ちます。

ダメージを修復する成分

ビューラーなどでダメージを受けてしまった、今あるまつげをケアしたいなら。

・如水分解シルク

傷んだまつげをコートしてツヤを与えます。

・水溶性ケラチン

まつげの開いたキューティクルに入り込んで補修します。

・パンテノール

保湿効果が高いだけでなく、毛母細胞の増殖を活性化させ、傷んだまつげの補修を行う成分です。

発毛をサポートする成分

まつげを生やす根本の部分である毛母細胞に働きかけ、育毛・発毛を促したいなら。

・ビオチノイルトリペプチド-1

角化細胞である「ケラチノサイト」を活性化させる働きをもつため、育毛作用が期待できます。

・オクタペプチド-2(プロヘアリンβ4)

毛母細胞を生み出す元となる細胞「毛包幹細胞」が作られる場所「バルジ」を活性化させる作用があります。

・アセチルデカペプチド

皮膚の中でまつげ等の毛を作っている「毛包」に働きかける成長因子です。

毛根で、次のまつげ細胞を形成している時に、ペプチドを配合したまつげ美容液をつけることで、よりまつげが生えやすくなるという美容液が、口コミでは人気があります。

まとめ

いかがでしたか?まつげ美容液は色々な成分が配合されていつことがわかっていただけたと思います。

たくさんの種類が展開されているので、自分のまつげをどうケアしたいか目的にあった成分のものを選びしっかりとした長いまつげを手に入れましょう!

テキストのコピーはできません。