朝バナナで本当に痩せられるの?

朝バナナダイエット」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

朝にバナナを食べるだけで痩せることができるという手軽さから大流行しましたが、実際に効果があるのかは疑問ですよね。

今回は、朝にバナナを食べるだけで痩せられる理由と、正しいダイエット方法について詳しく解説していきたいと思います。 

 

スポンサーリンク

バナナはダイエットに最適の食材 

バナナには、体にとって大切な栄養素がバランスよく含まれています。

ブドウ糖・ショ糖といった多くの糖類を含んでいることからエネルギーに代わるのが早く、栄養補給にぴったりの食材です。

また、バナナにはナトリウムを排出する作用のあるカリウムポリフェノールが含まれており、むくみの改善やアンチエイジングにも効果が期待できます。

バナナ1本(100g)あたりのカロリーも80kcalと低いため、ダイエットに最適の食材といえるでしょう。 

 

朝に食べる理由は? 

バナナがダイエットに適しているということはわかりましたが、なぜ朝に食べなければならないのでしょうか? 

朝起きたとき、胃の中には食べ物が何もないため、朝ご飯をしっかりと食べなければ腸は動き始めません。

このとき、不溶性食物繊維を多く含むバナナを食べることで腸が刺激され、腸内環境を整えることができます。

お通じがよくなることで、ダイエットに効果が期待できるのです。 

また、バナナにはトリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸が含まれており、トリプトファンは体内でセロトニンというホルモンを生成します。

セロトニンは精神の安らぎと安定をもたらす「幸せホルモン」として知られています。

一日の始まりである朝にバナナ食べることで、セロトニンの効果により体調を整えることができます。 

朝にバナナを食べることで、ダイエットにはもちろん、体調面でもうれしい効果が期待できるのです。 

 

正しい朝バナナダイエットのやり方は? 

・水分をしっかりとる 

朝バナナダイエットで大切なのは、しっかりと水分補給をすることです。

朝は、体が水分不足の状態になっています。

水を飲むことで柔らかく良い便を促すことができるようになります。 

・バナナは生でも加熱してもOK 

バナナは生でも温めても大丈夫です。

電子レンジなどで加熱することにより、甘みが増すだけでなく、体を温めることができます。

腸の動きを活発にすることもできるので、寒い季節にはホットバナナがおすすめです。 

・よく噛んで食べる 

バナナジュースにして飲んでも効果はありますが、液体にせずそのまま食べるのがおすすめです。

よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、食べすぎを防ぐことができるからです。

成分は変わらないので、ジュースの方が続けやすいという方はそれでも大丈夫です。 

 

まとめ

朝バナナダイエットには減量効果があるということがお分かりいただけたと思います。

バナナと水を用意するだけで手軽に始めることができるため、体重が気になり始めたという方はぜひ実践してみてはいかがでしょうか。 

 

 

テキストのコピーはできません。