ダイエットが続かない人必見!無理なく身体を整えよう!

ダイエットを始めよう!と意気込んで、途中であきらめたことはありませんか?

実はダイエットが続かない人には共通点があります。

これからご紹介することを改善するだけで続かないダイエットが楽しくなりますよ。

今日から楽しく美ボディを目指しましょう! 

 

スポンサーリンク

ダイエットは長期計画! 

ダイエットが続かない人の共通点1つ目は、ダイエットを短期的に考えています。

「食べなければ痩せる」「1カ月で10キロ減らそう!」なんていう難しい計画を立てがちです。

食べないダイエットで減量してしまうと、身体はいつ栄養がもらえるのだろう?と緊急信号のようなものを出してしまいます。

そうすることによって、次に食事を食べた時にたくさんの栄養を蓄えておこうとします。

これでは本末転倒です。また食べられないことでストレスが溜まってしまいダイエットは続きません。 

ダイエットは長期戦で進めていきましょう。

まずは何キロ減量するのか決めて少しずつ落としていきます。

1カ月に落とす体重は現在の体重の5%までが理想です。 

 

自分ルールに縛られ過ぎない! 

ダイエットが続かない人の共通点2つ目は、自分ルールに縛られ過ぎて苦しくなりダイエットに挫折することです 

通勤は歩いて行う。

ダイエットするから飲み会や女子会に参加しない。

甘いものは一切食べない。

など自分のルールを作って忠実に実行しようとします。

ダイエットにとって運動・食べ過ぎない・甘いものを減らすということは良いことです。

しかしながら自分の作ったルールに縛られ過ぎてしまうとストレスが溜まってしまいます。

 

ゆるく続けれるルールを 

通勤は週に1回は徒歩で無くても良い。

今日は通勤で歩いてないから夜に歩いておこう。

など少しくらい緩くしておきましょう。

ダイエットに挫折して辞めてしまうよりも1日、2日サボってしまうことの方が良いのです。 

飲み会や女子会、大好きなスイーツも月に1回はご褒美に食べても良いルールを作るのも良いでしょう。 

このルールを作るのであればうまく回数や食べる量はコントロールしてくださいね。 

 

目に見える記録をしよう! 

ダイエットが続かない人の共通点3つ目は、目先の体重に一喜一憂します。

「今日は100g減った♪」「今日は200g増えた…」など1日単位で考えてしまいます。

大切なのは、スタート時の体重からどれくらい目標に近づいたかです。 

手帳やカレンダーなど毎日見る場所に体重・行ったダイエットメニューなど記録をしてみましょう。

自分が思っている以上に頑張っていませんか?通勤に歩く・筋トレを行うなど決めたダイエットメニューを黙々としているのに体重が減っていかないと焦ってしまうかもしれません。

そういった時に目に見える記録を取っておくと、「大丈夫。きちんとダイエットメニューはしているよ」と自分に言ってあげられます。  

合わせて自分へのご褒美も記録しておきましょう。

次回のご褒美に向けて頑張れる材料の1つとなりますし、ご褒美をあげすぎていないか確認することができます 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ダイエットの大敵はストレスや「今日くらい大丈夫だよね。」が何日も続いてしまう甘えです。

長期で続くように締めるところは締めて、ご褒美のルールを取り入れながら楽しく行って理想の美ボディを手に入れましょう。 

テキストのコピーはできません。