レコーディングダイエット!効果はあるの?

「書くだけで痩せる」として話題になった「レコーディングダイエット」。

食事内容を毎日記録することで体重を減らすことができると言われていますが、本当に痩せるの?と思っている方も多いのではないでしょうか。

また、「どこまで記録すればいいの?」「どれくらいの期間で効果が出るの?」といった疑問もよく聞かれます。

そこで今回は、レコーディングダイエットの正しいやり方とその効果について、徹底的に解説していきたいと思います。 

 

スポンサーリンク

体重・食事内容・カロリーを記録しよう 

まずは、毎日決まった時間に体重を計測し、記録しましょう。

朝起きたタイミングや夕食前、入浴前でもOKです。

自分が計測しやすいと思う時間を設定してください。 

次に、毎食の食事内容を記録します。

間食も忘れずに書くようにしてください。飲み物も対象です。

食べたもののカロリーをネットなどで調べ、分かる範囲で書くようにしてください。

自動でカロリー計算をしてくれるアプリを利用するのも有効です。 

以上のデータを毎日記録していくことで、体重を減らしていこうというのがレコーディングダイエットです。 

 

 

早い人は1週間で効果が出る 

レコーディングダイエットでやせることができる理由は、「意識の変化」にあります。

日々の食事を記録することで、食事の量や栄養バランスを見直すことができ、食事を改善しようという意識が生まれます。

この意識の変化によって、食生活が改善され、体重が減っていくという原理なのです。

そのため、意識改革がうまくいく人は1週間もすれば体重に変化が現れてきます。

一方で、記録してもなかなか食生活を改善しようという意識が芽生えてこない人は、体重も減りにくくなります。 

ここまでの話をふまえると、「面倒くさがりの人にはレコーディングダイエットは向いていないかも…」と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません!

記録をするのが面倒と思う方は、何かお菓子を食べたいと思った時でも、「記録するのが面倒くさいから食べるのをやめておこう。」

と考える傾向にあります。そのため、面倒くさがりの人にもレコーディングダイエットは効果があるといえます。 

 

 

ゆるく続けることがポイント 

レコーディングダイエットのやり方と効果について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

食事制限や運動をすることなく、記録するだけでやせることができるというのは大きな魅力ですよね。

レコーディングダイエットを続けるためのコツとしては、「ゆるく続ける」という点が挙げられます。

早く痩せようと思っていきなり食事量を減らしたりすると、なかなかダイエットはうまくいきません。

まずは今まで通りの食生活を続け、その内容を記録するようにしましょう。 

また、一度記録するのを忘れると、続ける意欲を失ってしまうという方もいるかもしれません。

しかし、レコーディングダイエットで一番大切なのは、記録すること自体ではなく、「記録することによって食生活に対する意識を変える」ということです。

記録を忘れてしまっても気にすることなく、「ゆるく続けていく」というスタンスで記録していくことが、ダイエットの成功につながります。 

 

まとめ

食生活を改善してやせたいと考えている方や、他のダイエット法がうまくいかなかったという方は、ぜひ一度レコーディングダイエットを試してみてはいかがでしょうか。 

テキストのコピーはできません。