肩こりに悩んでいる人の対処法は?

肩こりには、多くの人が悩みを抱えています。

なぜ肩こりになるのか不思議ではないでしょうか。

誰でも、痛い思いをするのは嫌です。

そうならない様に、生活する方法を考えていきたいものです。

 

でも、どうしても肩こりになってしまう可能性はあります。

その場合は、どうしたら治るのでしょうか。

スポンサーリンク

肩こりの対処法

肩こりになってしまったら、どのような対処法があるのか見ていきましょう。

 

軽い運動をする

ウォーキング等の軽い運動をすると良いです。

運動をすると筋肉の衰えを防いでいくので、筋肉が柔軟になり血流が良くなります。

歩くときは当たり前ですが、自然と手と足を交互に動かしています。 

その時に腕を肩から大きく振る様に意識して動かすと良いでしょう。

そうすると、肩の筋肉がほぐれます。

 

筋肉が少しでもほぐれることにより、肩こりが良くなります。 

ただ、動かすときに余りにもわざと動かすと、周りの人に「この人何をしているのだろう」と思われてしまいますね。(笑)

運動する時は、迷惑にならない様に動かしたりすると良いです。

 

あまり外に出て運動をする機会が無い人は、両手を振り下ろす動きだけでも効果的です

腕を大きく上に上げたり・下げたりすると、肩周りの筋肉が付いたり・こりがほぐれたりするので良いです。 

必要な筋力が付いて、全身の血行が良くなり肩こりが起きにくくなります。

 

入浴する 

 

肩こりを解消する為には、温めて血行を良くする事が必要です。

温めるには、やはりお風呂に入るのが良いです。

ぬるま湯で肩まで浸かって、血行を促すと良いです。

 

湯船に入る前には、 

・脱衣場とお風呂の気温差をなくす  

・血栓予防の為に、入浴前にコップ1杯の水を飲む  

 

湯船に入る時には、 

・40度くらいのお湯に、15分~20分位入浴する  

・しっかり肩まで、お湯に浸かる  

・右手で左肩に、左手で右肩という風に交互にお湯をかける  

・肩や首を回して、筋肉をほぐす  

 

洗い方や流し方にもコツがあり、心臓から遠い部分は血流が流れにくくなる為、血行不良になる可能性があります。 

洗う時は、血流の悪い手先や足先等の体の先端部分から心臓に向かって洗うと良いです。

流す時は、心臓に遠い足先や手先から流し始めて血流を促すとコリが和らぐので良いです。 

 

目の疲れをとる 

今の世の中は、パソコンやスマートフォンを長時間使う事が多いので目が疲れます。 

目が疲れると、目の周りにある筋肉や神経等も疲れます。 

目の周りの筋肉や神経が疲れると、肩の筋肉と神経が緊張して血の巡りが悪くなり肩が凝るのです。 

 

目の疲れが引き起こす肩こりを解消する方法があります。 

それはホットタオルやホットアイマスクで、目の周りを温め血行を良くするという方法です 

筋肉をほぐす効果もあるので、一石二鳥です。

の周りの筋肉のコリを温め、ほぐすと気持ちが良くなります 

 

パソコンやスマートフォンを、利用する時にも温めるのも良いです。 

1時間おきに10分位目を閉じて、ゆっくり休みます。

その時に眉周り・まぶた・目頭周辺を温めると良いです。 

目の周りだけではなく、首や肩にも蒸しタオルで温めるのもよいです。 

 

まとめ 

肩こりになると、どうやったら治るのか様々な方法を見てみました 

運動をするなら、自分が出来る時間でやりましょう。

毎日が無理なら、1日置きや自分のできる範囲で続けていきましょう。 

入浴は殆どの人が毎日入るので、その時に気にしながら入ると良いです。

 

肩こりになっている人は、少しでも痛みが和らぐようになりたいと思いますよね。 

治る為にいろいろな方法を取り入れ自分が出来る事からすると良いです。 

テキストのコピーはできません。