意外と知らない日焼け止めの基礎知識

肌の老化の80は、日常紫外線によるものだとご存知でしたか?

いくらシワ、たるみ対策をしても、日光を浴びてしまえば、日ごろの努力がリセットされてしまいます。 

今回は、絶対に日焼けしたくないあなたへ、日焼け止めについての基礎知識をご紹介いたします。

日焼け止めについて熟知しておけば、周囲の友人たちよりも、紫外線対策で一歩も二歩もリードできることでしょう。

スポンサーリンク

◎日焼け止めを塗る時間

日焼け止め対策としてまず思い浮かぶのは、日焼け止めを塗るということではないでしょうか。

「そんなの当然じゃない。今更言われるまでもないわ」と感じるかもしれませんね。

しかし日焼け止めを間違って使っている方は、とても多いのです。

「肌に塗ったらすぐに紫外線防止効果が」なんて思っていませんか。

実は日焼け止めがその効果を発揮するのは、「肌に塗ってから20分後」が目安です。

つまり外出の直前にササッと塗ったとしても、直後に日を浴びてしまうと、紫外線はそのまま肌の奥まで浸透してしまうのです。

外出の時間の20分前には、日焼け止めを塗り終えるようにしてください。

そうすることで、玄関のドアを開けた瞬間から最大効果を発揮してくれますよ。

◎日焼け止めに欠かせない、SPF・PA値

 また、日焼け止めを購入する際には、SPFPA値にも気を配るのが良いでしょう。

通勤や買い物、ドライブなど、日常生活での使用であれば、SPA20程度PA+程度で充分です。

あまりに値が高いものを選ぶと、逆に肌にとって負担となってしまうのでご注意ください。

SPFPAは、それぞれ「UV-A」「UV-B」を防ぐ効果の高さの指標です。

日常浴びる分の紫外線であれば、いくら夏であっても、最小値のもので充分なのです。

SPF50PA+++のような最大値を謳っている商品は、レジャーに最適です。

例えば海水浴に出掛ける際や雪山でのスキーなど、紫外線を多く浴びそうな特別な日は、値が高いものを選ぶようにしましょう。

なお、日焼け止めは、定期的に塗り直すようにしてください。

一般的には2時間から3時間おきに塗り直すのが最適といわれています。

いくら朝にしっかり塗っても、汗や皮脂で知らず知らずのうちに落ちているものですので、外出時には日焼け止めを1本バッグの中に常備しておくと安心でしょう。

◎日焼け止めが紫外線を防止する仕組み

 また日焼け止めの中の、紫外線防止成分についてもお伝えします。

紫外線防止成分には2種類あり、ほとんどの商品は、「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤」のどちらかを使用しています。

使用するなら、できるだけ肌に良い商品を選びたいですよね。

肌への負担が少ないのは、「紫外線散乱剤」を使用している日焼け止めのほうです。

肌の上でバリアを張り、紫外線を跳ね返すので、肌への負担はほとんどありません。

しかし「紫外線吸収剤」のほうは、肌の上で紫外線を化学変化させるため、人によっては赤みやかぶれの原因になりますのでご注意ください。

◎まとめ

意外と知らない、日焼け止めのアレコレ。

日焼け止めの性能を熟知すれば、一番ベストな方法で、間違えがない紫外線対策ができることでしょう!

テキストのコピーはできません。